上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
今日悲しいテレビ番組がやってた。

「余命1ヶ月の花嫁」


タイトルからして悲しい。


TV見ていて、涙が止まらなかった。

癌に蝕まれる24歳の女性・・・
以前に乳がんにかかり、片方の胸を摘出して直ったと思っていたのに・・・再発・・・

今度は肺に転移し終には片方の肺を埋め尽くすほどの大きさに・・・


彼女には余命は告げられず、自分はあと一年かと父親に聞いた。
「そんなことはないよ」と彼女に言う父。
彼女はおそらく「隠してるだろうな」と感じただろう。
それでも、まさか自分が余命1ヶ月とは思わなかっただろう・・・


彼女の夢は「花嫁」になること。
それを彼女の友達がかなえてくれた。
彼氏は一緒に病気と闘ってきてくれたとても大切な人。

入院中もずっと看病してくれて、とってもとっても大切で
言葉に表せないほどの感謝と愛がある人。

そんな彼との結婚。彼女は辛い体も忘れるくらいの幸せを
そのとき味わった。
「生きているって奇跡だよね」そう言った。


彼女はその約2週間後に息を引き取った。



人は、病気になってみないと命の大切さなんてわからないのかもしれない。こうやってTVを見ていても、どうしても他人事のように感じてしまう。それはそうかもしれない。

生きていることは奇跡

私たちもそう思えるように、毎日毎日をしっかりと生きていかないといけない。
クヨクヨする日も、とても嬉しい日も、同じだけの価値があるということを
私達はもっとわからないといけないのかもしれない。

命の大切さ、人の温かさ
生きているときしか味わえないこの瞬間を大切にしたいと思う。


スポンサーサイト
2007.07.19
Secret

TrackBackURL
→http://chiharugou.blog2.fc2.com/tb.php/383-b43bf46d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。