上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
さて、旅日記も残すところ後2回となりました。読んでくださっている皆さんに感謝します!
この「チハルゴウ自己満足日記」 最後までよろしくお願いしますねっ。
ではいってみましょうか☆




3月6日
サンダルス1

ついに最終日。明日には日本に向けて帰国するとは、なんだか寂しい。
ただ、お腹の調子が限界に来ているのは確かである。




朝、遅めの起床。そして、スパイシーズで朝食を。
ここはビュッフェスタイルなので好きな量が取れるのがうれしい。

中に入ると、ウエイターさんが「Inside?Outside?」と聞いてきた。
外はとても良い天気だったので外を希望しテーブルに案内してもらった。
サンダルス2
中央に写っている建物の一部はだまし絵なのわかる?
うちはだまされました!平面に描かれているんですよ。





飲み物を頼み中へ入って料理を取りに行く。






その途中、めちゃめちゃ陽気な女性スタッフが来て
「オーイェィ!オ~イエイ!」とかいいながらハグしにきた!
何だかわからなかったけど、わからないなりにハグし返した。


相方は?と聞いた感じだったので料理選びに夢中のせり君を呼ぶと
また「オ~イエイ!」といいながらせり君をハグした。
「My Friend!!」とかいってた。
その人はめちゃめちゃ陽気な人だった。
サンダルスとちょっと関わりが持てた様な気がして嬉しくなった。


・・・


そんなハグも終わり、ビュッフェはスタート。





中央のテーブルにはフルーツとハムなどが置いてあった。
奥のカウンターにはクリケッターズパブで食べたようなパンが。
初日のモーニングで食べたトーストもあり、自分で焼くようにトースターも置いてあった。

トースターのそばには焼くのを失敗した焦げパンが山積みになっていた・・・。
危うくチハルゴウのパンも山積みの仲間入りするところだった。アブナイアブナイ。

パンをとった後、中央のテーブルにあるフルーツをお皿に盛る。
そして手前のカウンターから、タマゴとポテトを盛った。

お皿を持って周りを見渡していると中央奥にあるカウンターにフレンチトーストが置いてあった。
あと、ハンバーガーも。
パンより先にこっちを見ていたら、フレンチトースト取ったのになー・・・と思った。
本当は食べたかったけどそんなに食欲はないのでグッと我慢する。

こんな感じ。少食ですか?
スパイシーズモーニング1


席にはせり君がもう座っていた。お皿を見ると・・・

山盛り。朝からスゴイワネ。(写真がなくてごめんなさい)



時間もあるのでゆっくりと朝食を楽しむ。
天気がよくて清清しい。鳥のさえずりが心地よかった。



と思っていたら、たくさんの鳥がそばまでやってきた。
多分バハマのスズメでしょう。あと、鳩までやってきました。
鳩は日本のものと変わりません。
スパイシーズモーニング2



二人で青空をバックにスズメを撮っているとウエイトレスの人がやってきて
スズメの名前を言っていた。しかし聞き取れなかったので覚えていません・・・

せり君は動物好きなのでとても嬉しそうに鳥に食べ残しをあげていました。


とそこへ・・・そばのテーブルの人が食事を残したままレストランの中へ。
何か追加を取りにいったんでしょうね。

しかし、食べている途中でも鳥たちには関係ありません。
数羽の鳥たちが残り物めがけて群がります。
テーブルの上がめちゃくちゃです。

見かねたウエイトレスさんが料理の残っているお皿を持っていってしまいました。
戻ってきた二人の顔が「??」って感じで面白かったです。




そんなゆったりとした食事も終わり、サンダルスのビーチへ。


サンダルス3 サンダルス4

サンダルス5 サンダルス6



今日はサンダルス所有の「サンダルスキー」へ行こうと決めていたので、
船に乗って出発。

イッテキマース☆
サンダルス7




この島は半分がサンダルス所有で、もう半分は違うホテルの敷地だった。
でも、結構広くて素敵な島だった。
サンダルスキーはカフェが1つ、プールが1つ、右奥にスパがあり、
船の着く波止場の左側と、島の奥にビーチがあります。

到着☆
サンダルスキー到着

上陸してとりあえずはゆっくりすることに。

サンダルス8
サンダルスキーから見えるサンダルスホテル。

そして


サンダルス9
サンダルスキーから見えるアトランティスホテル。
ここでこれだけ見えているといことは、かなりデカイってことですよ・・・



実は、ちょっと風がきつくてしかも少し寒かったんですよね・・・。
サンダルス11
(気温は高いんですがなにせ朝ですから・・・)

二人は真ん中にあるプールのそばの屋根つきソファーに腰掛けて、ゆったりとプールを眺める。
サンダルス10




プールの中にはバーがあり、しかもプールの中に椅子が用意されている。
プールに入りながらカクテルなどの飲み物がもらえるという仕組み。
ホテルにもあったけどね。


チハルゴウの大好きな人間観察。


水がとてつもなく冷たいらしいがプールにも入りたい・・・そんなおばちゃんが
3人いました。


1人目・・・プールにあったビート板に難なく寝そべりプカプカ。

2人目・・・水が冷たいのでなかなか入れず。しかもビート板に乗るのに
かなり必死で何度も失敗する。乗り方がわからないらしく四苦八苦。
そばにいた知り合いではなさそうなおじさんが見かねておばちゃんにアドバイス。
めでたくおばちゃんはビート板に乗ってプカプカしはじめる。かなり喜んでいた。

3人目・・・体格の良いおばさんが必死でビート板に乗ろうとしている。
2番目に登場したおばさんが乗り方のアドバイスをしていた。
なんとか、半分沈みながらもビート板に乗りプカプカ。やっとです。

何でそんなにビート板に乗りたいのか不思議で、その後何かするのかと思ったら
ただプカプカしているだけだった。まぁ、そういうのも楽しいんだよね。




次に、白い水着をきた、若い女性がカップルでやってきた。
めちゃめちゃ寒いプールの中へ入っていった。
頑張ってたっぽいがすぐに出てソファーへ戻る。そりゃ寒いよ・・・
よく頑張った!




こんな人間観察をしながらゆっくりしていたけれど、すこし飽きてきたので
奥にあるビーチへ移動した。

サンダルス12


ビーチにはチェアーベッドがいっぱい置いてあった。

空いているチェアーベッドを2つ見つけまたそこでゆっくり休む。
後ろを振り向くと少し丘になったところにハンモックがあった。
ハンモックなんて日本には普通ないから嬉しさのあまり記念写真。
サンダルス13

ハンモックってブランコに近いよね。
だからすこし酔ってしまった。






サンダルスの海の色もとても綺麗でキャーキャーいいながら騒いでいた。
なんでもないことが、こんなに楽しいなんてさすがバカンスです!!



海を見渡すと、すこし離れたところに薄っぺらい島があった。
サンダルス14

せり君はそこへ行こうと言ったんだけど、チハルゴウは水が冷たいから拒否した。

でも「浅瀬やから大丈夫やって」といわれ仕方なくついていく。



・・・


まぁ、浅瀬ではある。でも・・・





肩まで浸かったら結局深くても一緒やないか!!!o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!





サムイサムイといいながらなるべく浅い場所を探し、やっとの思いで島にたどり着いた。
まぁ面白かったんですけどね。



サンダルス15

たどり着いた島は溶岩の塊で出来た島のようです。そんなところに常夏の国定番の傘が立ててあった。
二人で島をウロウロしていると、溶岩のくぼみにある水溜りに魚が住み着いていた。
濁っていたけれど魚がいるなんてすごいね。
植物も育っていました。
サンダルス16 サンダルス17


そろそろ戻ろうと思い、行きと違った浅そうな道を探す。
しかし行きよりも深かった・・・最終的にせり君の肩につかまって半分泳ぎながら戻っていた。
せり君が「もうちょっと海に入ろう~」と言った。
寒くて辛かったけどせっかく海に来たんだからと思い頑張って入った。

寒くても楽しいときは楽しいね。キャーキャー言いながら楽しんでしまった。


海から上がり、チェアーベッド寝そべる。
天気よくて風も心地良いのですこしウトウト。


昼前になったのでホテルへ戻ろうと波止場の近くにあるソファーで船を待っていた。
サンダルス18

なかなかこなくて寝そうになったが、やっと船がきてサンダルスに戻る。


サンダルス19

楽しかったよ。サンダルスキー。また会う日まで!!




サンダルス20

ホテルのビーチに行くと葉巻を売る人やネックレスを売る人がいた。
ホテルのお客さんで葉巻をすっている人がいた。いい商売やなぁ。



さて、スパイシーズでランチにしようと向かう。
そこはランチもビュッフェ形式だったので気が楽だった。


朝食とは違い、肉や魚そしてお米があった!
タイ米のような長細いお米だったけれどなんとなく嬉しかった。
お皿にサラダや肉、米を入れて、飲み物はもちろんパインジュース!
ここのパインジュースはなんておいしいんだろう。

せり君はというと相変わらずKALIKビール。
ここへ来て何杯飲んだかわからないくらい、ずっとKALIKビールを頼んでいる。

サンダルス21

料理を取りに行った時、コンクフリッターが置いてあった。1つだけ取って来たのを
せり君が発見し「どこにあったん?」と場所を聞いて取りに行った。



戻ってくるのが遅いなーと思っていたら、プチハプニングがあったらしい。

話を聞くと、まずコンクフリッターがどこにあるのかわからなくて
がんばって聞いてみたらしい。(英語で)
教えてもらい数個ゲットしたのは良いが、今度はソースが無かった。
ソースもほしいと訴え、中の人が持ってきてくれた。
しかしかけるためのスプーンをソースの中にポチャリ・・・・
フォークでスプーンを救出して、やっとのことでフリッターにソースがかかりました。

そんなことを一人でやってなかなか満足そうでした。
チハルゴウはそんなせり君の楽しそうな顔が見れて満足しました。



昼食を終え、昨日のディナーで撮ってもらった写真を見に行くことに。


4枚ほど写真を撮ってもらっていた。その中の2枚を注文したつもりが
仕上がったのは1枚だけだった。
うまく伝えられていなくて残念だったが、写真の金額を見て、
まぁいいかと諦めた。だって1枚$17なんだもん・・・


写真ももらい一度部屋へ戻る。
明日がチェクアウトなので生産が終わる前にお土産を購入しに行く。

ホテルロビー横のギフトショップへ。
KALIKのT-シャツを見つけ、せり君はたくさん購入。


KALIKのロゴが入ったTシャツがあり、せり君は3枚ほど買った。
他にもサンダルスのTシャツやバハマママのつまよう枝入れ、孫の手などを購入。

〆て$190ほど。買いすぎたかな・・・?


お土産も買い終わり部屋へ戻る。なんだかんだで結構疲れていたみたい。
今日もレストランの予約が7:30に入っていたのでそれまで休憩することに。
気がつけばぐっすり熟睡。

安全のためつけていたアラームで目が覚め、ドレスアップしてレストランへ行く。
今日ワインのこと聞かれたら「いらない」って言おうなと二人で言っていた。



さぁ、今日は「バカラ」という(フランス料理だっけ?)レストラン。
ここはサンダルスで1番高級なレストランらしい。
席も10組~15組くらいしか入れないような小さな場所でした。
働いている人はみんな男性だった。おどろき~。


日本語のメニューをもらい食事を選ぶ。
が、なかなかオーダーを取りに来てくれない・・・
やっと来てもらい、指差し注文をしてコーススタート。


前菜
サンダルス22

エスカルゴです。カタツムリですわ。
上にパイ生地がのってます。


スープ
サンダルス23

クリームスープ。キノコが入っています。


サラダ
撮るの忘れました・・なんだったかな・・・?思い出せないや。


メイン
サンダルス24

牛肉だったかな?ちょっと忘れちゃった。


デザート
サンダルス25

シェフお勧めのアイスクリーム。ホッとしました。




さぁ、感想は・・・

全ての料理に関して「味がしょっぱい」「量が多い」。

やっぱり外国人向けだから、どうしても口に合いませんでした。
しかも量が多かったので、全て1/3ほど残してしまった。本当にごめんなさい。
(隣のテーブルの夫婦は、デザート以外全て間食してました。よく食べるわァ・・・)

正直、昨日行ったクリスタルルームのほうがまだおいしかったです。




食事中、ウエイターの人が4人一斉に歌を歌いながら登場してきた。
「~~ボンボンボボーン~~♪」
そしてある1つのカップルのテーブルに向かいデザートを渡した。
話によると、そのカップルは結婚25周年だという。
結婚記念日に来たカップルには歌とデザートでお祝いをしてくれるそうです。

少ししてから、また同じように、ボンボボ言いながら若いカップルのところへ。
このカップルは結婚5周年だそうです。ステキデスネ☆

うちらも、「25周年になったらまた行こうね」と固い約束を交わした。


しっかし、食事中かなり眠くて大変だった。そのせいで少食だったってこともあるんですが。
最後のデザートですこし目が覚めました。




食事を終え部屋に戻った。そして、明日のチェックアウトの準備をする。
かなりにもつが増えてるし・・・しかも、バハマで使っていないような荷物もあった。
荷造り下手やなー・・・

明日もダウンタウンでお土産を買いに行くつもりだから、さらに増えるんですよ。
重量超えたらどうしようかなぁ・・・


とにかく今日はゆっくり出来て最高でした。サブバハマキャンセルしてよかった!
今度行ったときにはサブバハマ参加しますね!・・・つづく☆
スポンサーサイト
2008.03.30
Secret

TrackBackURL
→http://chiharugou.blog2.fc2.com/tb.php/417-3538610a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。